チェックポイントを忘れない

焦って入居を決めないこと

入居する時からすでに、退去する時のことを考えてください。 傷の写真を撮影することで、自分がつけた傷ではないと証明できます。 証明できれば、退去する際に修理代を支払わずに済みます。 自分が付けた傷でなくても疑いを掛けられることがあるので、証拠写真を撮っておきましょう。

施設へのルートを確認する

頻繁に利用する施設が周囲のどこにあるか、入居時にすぐ確認しましょう。 ルートを知らないと、必要な時に辿り着けなくなってしまいます。 買い物するお店や、病院は知っていた方がいいですね。 病院は眼科や皮膚科など種類があるので、自分がよく使う病院を探しましょう。

ルールを守って暮らすこと

賃貸マンションによって、ルールが決められています。 必ず守ってください。 ルールを無視して生活を送っていると、退去を命じられます。 他の住民にも迷惑を掛けてしまうので、入居する時にルールの確認を忘れないでください。 ペットや、リノベーションに関するルールがあります。

退去する際の準備をしよう

賃貸マンションに入居する際は、室内をよく確認してください。
傷や汚れが付いていた場合は、証拠の写真を撮影しておくことをおすすめします。
すると退去する時に傷の修理代を請求されても、最初から付いていた傷だと証明できます。
本当に自分が入居する前から付いていた傷でも、証明できないと修理代を支払うことになってしまいます。
細かな傷でも、修理代を請求された時に困らないよう写真を撮ってください。

周辺に、どんな施設があるのかしらべましょう。
買い物できる施設などが重要ですが、病院の位置も忘れずに確認しましょう。
病気になった時に、すぐ近くに病院があると安心できます。
また、そこまで行くルートも考えておきましょう。
どのルートを通ると最も早く辿り着くのか、またバスを使う場合は、何分おきにバスが来るのかも調べてください。
病気になった時は、早く対応することが大切です。
眼科は歯医者など、種類の異なる病院を見つけるのがおすすめです。

賃貸マンションで、禁止されていることも把握しなければいけません。
多くの人が気になるポイントは、ペットを飼育できるのかだと思います。
1人暮らしをする人は、せっかくなのでペットを飼いたいかもしれませんね。
しかし物件によっては禁止されているので、禁止されていたら諦めてください。
またリノベーションができるのか、灯油ストーブが使えるのかなども確認しなければいけません。
ルールを破って生活を送ると、退去を命じられてしまいます。