チェックポイントを忘れない

焦って入居を決めないこと

元からあった傷を撮影しよう

退去する際、自分が付けてしまった傷は自分が修理代を支払わなければいけません。
しかし
自分が入居する前からあった傷は、修理代を支払う必要はありません。
それを証明するために、写真が必要になります。
写真を撮影すれば、いつからあった傷なのか判断できます。
退去する時に、余計な出費を支払いたくないですよね。

しっかり室内を見回して、どこにどんな傷があるのかチェックしてください。
家具などを設置する前に、室内の点検をしなければいけません。
家具を設置すると、傷が隠れる可能性があります。
退去する時に初めて傷に気がつくと、管理人から自分が傷を付けたと疑われてしまいます。
口で自分ではないと言っても、信用してもらえないかもしれません。

水回りに発生するカビ

カビも、入居する時に見つけたら写真を撮った方が良いです。
退去する時に、カビの掃除代を請求されるかもしれません。
証拠がないと反論できないので、掃除代を支払うことになってしまいます。
こびり付いたカビは、専門的な業者に依頼しないと落とせません。
業者に依頼すると、費用がかなり高額になってしまいます。

特に水回りにカビが発生しやすいので、入居した時にキッチンや浴室などを調べましょう。
また、カビが発生しないよう丁寧に使うことも大事です。
湿気が籠っている状態のままだと、すぐにカビが発生してしまいます。
水気を定期的に拭き取っていれば、カビの発生を防げます。
退去する時に、新しいカビが見つからないよう気をつけましょう。